嫁の浮気に私的制裁をすると修羅場になって危険なので法的復讐。嫁はんが姦通をしているのかもしれないと怪しんだ時、総じて奥さんが使用しているメールを検査して、他の男と卑猥なラインのやり取りをやっていないかどうか、トラヴェルの時間表がないか調べますよね。

それ以外にも、嫁はんが所有している鞄にGPSを入れたりして、行く先を追いかけることもするでしょう。

けど、それだけだと裁判になった時に明確な証拠不義の明確な証拠と判断されないということをお気づきですか?。

亭主としては、嫁さんが間男と如何わしい会話のやり取りをしていて、抱かれたいとか言っていたら、そういった類のことは姦淫と見なしたくなりますよね?。

まして、嫁の不貞がいぶかしいのでGPSで行動を警戒している間に滞在場所が泊る施設だとしたら、怒り心頭してしまいますよね。

嫁の浮気への制裁には証拠が不可欠

けれど、裁判では「不貞行為」をしていなければ、不倫であると見なされません。

密夫と嫁はんが性交渉をしていた場合に、司法的な意味で情事とジャッジされます。

反対に、嫁さんが姦夫と性交していないのに、姦通だと怒って尋問すると、自らの立場が悪くなってしまいかねない。

証拠が手薄な状況で、ママの姦淫を詰問してしくじった場合解説。

嫁の浮気相手への制裁に証拠不十分な場合

音声録音機に採録した他の男と嫁はんの情事の声。

上さんの状態がおかしくなり、ボイスレコーダーを車に付けたりしておきました。

数日後に確認してみると、誰かと情交をしている情事を重ねる声が聴こえてきました。

こういったことは確然たるエビデンスだと思ってワイフをしているのかもしれない問い立てると、密会を是認しました。

ところが、いざ間男に対して慰謝料催促をしようとすると、突として姿勢を曲げてしまったのです。

ホテルには自分ひとりで泊って、男とペアではないと。

そういった言い訳はあり得ないと受け止めましたが、弁護士先生に問い合わせてみても、結局浮気の現場を撮影などドキュメントに残しておかないと、賠償面で明白な不倫の根拠になりにくいとの返事。